HOME > 関口教会について

関口教会について

主任司祭挨拶

カトリック東京カテドラル関口教会 主任司祭:天本昭好

関口教会は1900年に正式に小教区として設立されました。1918年に大司教館が移転し、1920年に築地教会から関口教会に東京の司教座聖堂(カテドラル)が変更となり現在に至ります。第2次世界大戦時の東京大空襲で聖堂は消失してしまいます。戦後、ドイツ・ケルン教区の多大な支援により1964年12月8日には、丹下健三氏の設計による東京カテドラル聖マリア大聖堂が献堂されました。無原罪の聖母に捧げられた関口教会は100年を超えた歴史を刻んでいます。近代建築の意匠と教会共同体が、目に見えるものと見に見えないものの調和のシンボルとなり、イエス・キリストの福音が多くの人の心に届きますように。 

カトリック関口教会
主任司祭 天本昭好

 

 

助任司祭挨拶

カトリック東京カテドラル関口教会 助任司祭:ラニエル・バディラ・ベルドス

主のご復活の喜びとともにご挨拶申し上げます。

私はラニエル・バディラ・ベルドスと申します。ニックネームはパルです。パルと呼んでくださっても結構です。私はフィリピンのダバオ・デ・オロの出身で、現在、聖チャールズ・ボロメオ宣教会(スカラブリ二宣教会)に所属しています。この宣教会は移住者、船員、難民の霊的父である創設者洗者ヨハネ・スカラブリ二の夢の実現をめざした会です。

私は神の使命を日本で実現したいという大きな希望を持ってやってきました。私がこの霊的な場所、聖マリアカテドラルに来たのはなによりも神の思し召しであり、私は偉大なる神の単なる小さな手、足、口にすぎません。私たちは神の伝道者であると私は理解しています。神は、私たちが神を愛せるようになるずっと前に、まず私たちを愛してくださいました。神は、私たちが神の似姿であるように私たちを愛し、赦し、いつくしんでくださいます。

私はこの教会で皆さまとともに神の恵みを体験することにわくわくしています。皆さま、どうぞ私と一緒に信仰の旅を歩んでください。私たちが行うことすべては恵みあることを忘れないようにいたしましょう。 

カトリック関口教会
助任司祭 ラニエル・バディラ・ベルドス

 

Dear Parishioners of St. Mary’s Cathedral,

I greet you all with the joy emanating from the Risen Lord!

I am Raniel Badilla Berdos, and my nickname is “Pal.” You may call me with my nickname. I come from Davao de Oro, Philippines and belong to the Congregation of St. Charles Borromeo- Scalabrinians, which envisions the fulfillment of the dream of our Founder Blessed John Baptist Scalabrini -the Spiritual Father of the Migrants, seafarers, and refugees.

I came to Japan with great hope in the Lord that I may fulfill His mission. I believe that coming to this holy ground, St. Mary’s Cathedral is first and foremost God’s mission, and I am just a little hand, foot, and voice of the magnanimous Lord. I realize that we are God’s mission. Even before we are able to love Him, He loved us first. His mission is to love us first, forgive us first, and nurture us in order to be in resemblance of Him.

Nevertheless, I am excited to experience the grace of God with you all here in this Church. Please accompany me in this journey of faith. Let us remember that whatever we do, everything is Grace.

Thank you very much.

Raniel Badilla Berdos