HOME > お知らせ > 聖週間について

聖週間について

カトリック東京カテドラル関口教会 聖週間

カトリック東京カテドラル関口教会 聖週間

枝の行列が行われる受難の主日から復活祭までの1週間は、教会の暦1年の中心です。イエス・キリストが2000年前、1週間かけて成し遂げられたことを、1週間かけてご一緒に味わいましょう。

 

 

  

2012年4月1日 (日)  受難の主日(枝の主日) 

 

ミサ時間

8:00/10:00/12:00

枝の行列のミサ10:00~ 司式 / 岡田大司教

救いのわざを成し遂げるためにエルサレムにお入りになった主キリストを想います。

この日、私たちも枝を振りかざして、エルサレムの人々とともに、救い主イエス・キリストを歓迎します。

 

1. 主のエルサレム入城の記念 -枝の行列

  -ルルド前に10時までに集合して下さい

2. ことばの典礼 / マルコによる主イエス・キリストの受難

3. 感謝の典礼

*前晩18:00、当日8:00、12:00のミサでは、盛儀の入堂式で主のエルサレム入城を記念します。

 

2012年4月5日(木) 聖木曜日 

ミサ時間

10:30 / 19:00

(聖香油のミサ 10:30~)(午前7時のミサはありません)

主の晩さんの夕べのミサ 19:00~ 司式 / 岡田大司教

イエスは死の前夜、弟子たちとともに最後の食事をされました 。そのとき、感謝の祭儀であるミサを制定されました。今晩、弟子である私たちも、主の食卓を囲み、イエスのことばと行いを想いおこします。

1. ことばの典礼

2.洗足式 ~弟子たちの足を洗ったイエスを記念します

3.感謝の典礼

4.聖体安置式 ~聖体を安置所に移します (安置されたご聖体の前で黙想しましょう)

 

2012年4月6日(金) 聖金曜日 

ミサ時間

19:00 (午前7時のミサはありません) *十字架の道行 15:00~

主の受難の祭儀 19:00~ 司式 / 岡田大司教

この日、私たちは、主イエスの受難と十字架上の死を記念します。
この典礼の中で みことばを聞き、聖体拝領をともにして、復活への希望を新たにします。

1. ことばの典礼 ~ヨハネによる主イエス・キリストの受難
2. 盛式共同祈願
3. 十字架の礼拝 ~十字架の顕示と礼拝
4. 交わりの儀 - 聖体拝領

 

2012年4月7日(土)/8日(日)復活の主日  

ミサ時間

  • 7日19:00 (午前7時のミサはありません)
  • 8日 8:00 / 10:00(午前12時のミサはありません)

*イースターパーティー 8日(日) 11時30分~ ケルンホール

 

復活の聖なる徹夜祭 7日19:00~ 司式 / 岡田大司教

古来、教会は神のために守る徹夜として、死から生命へとお移りになったイエスの復活を記念してきました。
この夜、闇の中にあかりをともします。洗礼の水によって、新しい兄弟が生まれます。そLて、主イエスの食卓に招かれます。

1. 光の祭儀 ~復活のろうそくの祝福と復活賛歌
2. ことばの典礼 ~救いの歴史を朗読でたどります
3. 洗礼式 ~洗礼の約束の更新も行われます
4. 感謝の典礼

 

日中のミサ 8:00~司式 / 山本神父

10:00~司式 / 倉田神父

 

 

十字架の道行

四旬節中の毎金曜日( 2/24~4/6 )、15時から地下聖堂で十字架の道行があります。

関口教会では、イエスの受難の時刻に合わせ15時から行います。    ( 3月2日は初金ミサ後)

 

●2/24   ●3/ 2    ●3/9   ●3/16   ●3/23

●3/30   ●4/ 6

 

*十字架の道行は、イエス・キリストの受難を偲び、その死刑の宣告から埋葬までの14の場面を黙想する信心業です。

ぜひご参加下さい。