HOME > お知らせ > コラム > [コラム]いのちの源

[コラム]いのちの源

キリストはぶどうの木、わたしたちはその枝、父である神は農夫。

わたしたちのいのちはこのように解き明かされています。

 

キリストに出会い、キリストを信じるようになったならば、

キリスト自身が恵みを枝の隅々にまで行き届かせ、

その枝は生き生きと生い茂り、豊かな実を結ぶ。

 

わたしたちのいのちは、

欠けることのない満たされたものであること。

 

強い風雨にさらされても、

激しい寒暖に見舞われても、

農夫が世話をしてくださる。

 

いつも恵みに満たされていること、

固く信じ続けなさいと、キリストは命じます。

信じず、自らを自らで生かそうとすれば、

その枝は枯れてしまいます。

神が与えたいのち、与えた方が注いでくださるものに、

感謝しながら歩んで参りましょう。

 

倉田神父