HOME > お知らせ > コラム > [コラム]主を待ち望むアドベント

[コラム]主を待ち望むアドベント

山本神父 降誕祭の4つ前の日曜日から教会は待降節に入っている。元の言葉はアドベントである。さらにその語源をたどるとラテン語の「来る(アドベニオー)」に行き着く。

ある時、アドベンチャーという単語も同じラテン語からきていることに気づいた。そして、アドベンチャーは未来形から、アドベントは完了形からできたということがわかった。アドベンチャーは、まだ来ていない、これから何が起こるかわからない、だからいまは冒険という意味でもっぱら使われているのであろう。

それに対して、アドベントは、来ている、到来なのだ。来るか来ないかわからないものを待っているのではない。既に来られた方がいま共におられ、いつの日か必ず再び来られるのを待っているのである。

 

山本量太郎神父