HOME > お知らせ > コラム > [コラム]父と子と聖霊のみ名によって

[コラム]父と子と聖霊のみ名によって

山本神父

(三位一体の主日)

洗礼は古来、「父と子と聖霊のみ名によって」授けられるので、受洗者はそのとき、必ず父と子と聖霊に対する信仰を宣言します。これが「信条」の起こりと言われています。

その洗礼式のための信条を基にしながらも、父と子と聖霊に対する、より明確な表現を用いた信条が、最初の二つの公会議で定められました。ニケア・コンスタンチノープル信条です。ニケア公会議は、「イエスは最高の人間であるが神ではない」という考えを異端として退け、コンスタンチノープル公会議は、「聖霊は被造物であって神ではない」という説をきっぱりと否定しました。

こうして4世紀に確定したニケア・コンスタンチノープル信条は、6世紀ころから次第にミサの中で唱えられるようになり、その習慣は10世紀には全教会に広がったと言われています。現代でも、カトリック教会ではこの信条をミサの第一の信仰宣言としているのです。

関口教会では、四旬節、復活節と唱えてきた、洗礼式に起源を持つといわれる使徒信条に代えて、今日から始まる年間の期間中の主日にはニケア・コンスタンチノープル信条を唱えていきます。その最初の日曜日が三位一体の主日にあたることにも意味を見いだしています。

山本量太郎神父