HOME > お知らせ > コラム > [コラム]やもめの悲しみ

[コラム]やもめの悲しみ

三田助祭

ルカ7:11−17

イエスはカファルナウムで百人隊長の部下を癒し、その後ナインに向かわれました。門を通って町に入ろうとするイエスの後には弟子たちや婦人たち、さらに大勢の群衆が歩いています。この列と町の外に出て来る葬式の行列が混じり合います。そしてイエスは死者の母親であるやもめをごらんになります。

この母親は夫に先立たれ、苦労して女手一人で息子を育てました。将来を保証してくれる一人息子も死んでしまいました。イエスは心から憐れに思われます。そしてイエスは大勢の目撃者の前で死者を癒されます。

わたしはこの奇跡物語を読んで、イエスは苦しんでいるやもめを見て、いずれ来るマリアの苦しみを感じられたのではないかと思ってしまいます。

ある金曜日の午後、一人のやもめが死んだ息子を抱いて悲しんでいます。いくら泣いても泣ききれません。母親ですから、若い息子の死を見て、自分の命と交換に息子を生かして下さいと祈っていたでしょう。まるで自分の心を長く鋭い剣で突き刺されたような心の痛みでした。やもめは大勢の人々に助けられながら息子を葬ります。これがマリアの苦しみの一部です。

イエスはこのやもめにご自分の母を見て憐れに思い癒されたのではないでしょうか。

この癒しの奇跡は大勢の目撃者がいます。イエスの復活にも大勢の目撃者がいます。何か関係があるのかも知れません。

三田一郎 助祭