HOME > お知らせ > コラム > [コラム]収穫は多いが働き手が少ない

[コラム]収穫は多いが働き手が少ない

山本神父

(年間第14主日)

有名な「種蒔きのたとえ」がある。その福音をミサで聞くとき、その前にアレルヤ唱で「種は神のことば、まく人はキリスト」と歌う。種をまくのは何よりもまずキリストである。私たちもそのお手伝いを少しはするかもしれないが…。むしろ、私たちは「収穫のための働き手」として招かれている。「収穫は多く、働き手は少ない」のである。

かつて12人を選び、さらに72人を派遣したキリストは、今も私たちを収穫のための働き手として遣わそうとしておられる。そして、もっと働き手が増えるように祈りなさい、と命じておられる。

この日本にも、種はすでにたくさんまかれ、いたるところでその実りも始まっている。自分の種をまくのではなく、神の種の収穫の働き手となれますように。

山本量太郎神父