HOME > お知らせ > コラム > [コラム]黙れ。この人から出て行け

[コラム]黙れ。この人から出て行け

シスター品川

今日の福音のイエスさまは、汚れた霊を追い出すとても厳しい姿で現れています。

ユダヤ教の会堂内での出来事です。汚れた霊に取りつかれた男が「ナザレのイエス、かまわないでくれ。我々を滅ぼしに来たのか。正体は分かっている。神の聖者だ。」と叫ぶと、イエスは「黙れ。この人から出て行け」と、汚れた霊をお叱りになります。すると、汚れた霊はその人にけいれんを起こさせ、大声を上げて出て行った(マルコ1.23-26)とあります。 

テレビや新聞は、毎日恐ろしいことが次々と起こっていることを伝えています。わたしたちが住む現代世界にも復活したイエスさまは生き、働いていらっしゃるはずですが、なぜこのようなことが起こるのか、とわたしは度々思います。これを読まれる皆さんの中にも、本当にイエスさまが生きていらっしゃるのなら、もっと身近に神の力が感じられるのではないか?と思われる方もあるでしょう。

そんな時、神の力を感じるために、「絶えず祈りなさい」というパウロの勧めを思い出します。

わたしたちが困った時、苦しい時、悲しい時、その思いの虜になっている時、わたしたちはもっともっとイエスさまに心を打ち明け、その苦しみや悲しみの枷から解放されるように祈る必要があります。丁度、渦潮の真ん中に引き込まれていくかのように、閉ざされた自分の暗闇に降っていくような気分になっていたら、“神の聖者”イエスさまに叫びを上げる時です。きっとその捕われから解放されます。今日の大きな問題解決は、わたしたちがイエスさまを本当に必要としていることを表さなければいけないのかもしれません。

 

Sr.品川ヨシ子