HOME > お知らせ > コラム > [コラム]財産管理

[コラム]財産管理

三田助祭

[福音箇所 ルカ12:13−21]

福音を読んだら、この福音は自分に何を教えようとしているのか考える必要があります。今日の福音に出てくる金持ちは倉を壊して、もっと大きな倉を建てました。わたしたちはこの金持ちの男の気持ちが分かります。現在は全て自己責任ですから、老後生活していくのに必要な資金を全部自分で用意する必要があります。しかもいくら必要なのか分かりません。財産が一生もつために最大限貯める必要があります。

大家族で、老後は次世代が世話してくれる制度や、年金制度は、老後の生活を保障してくれる制度です。しばらく前まではこの制度が機能していましたが、でも現在これらの制度に頼れません。

わたしたちの老後の心配は、すべて自分だけに頼って生きようとすることから生じます。神様に委ねたらどうでしょうか。「神様、わたしはあなたの僕です。あなたの御旨の通りなりますように。」と祈り、あまり財産に執着せずに、天に財産を積むのです。そう言われても心配で出来ないかもしれません。ご自分の人生を振り返り、いままでどれだけ神が助けて下さったか思い出してください。すると「神の助けによってどうにかなるさ」と気付くかもしれません。神がわたしたちの人生にどれだけ関与して助けてくださったか理解すれば、今日の福音を生きて行けるかもしれません。

何事も、自分でするのではなく、精一杯努力をして、後は神に委ねるのです。

 

三田一郎 助祭