HOME > お知らせ > コラム > [コラム]神の考えと人の考え

[コラム]神の考えと人の考え

三田助祭

[福音箇所 マタイ1:18−24
イザヤ7:10−14]

神は「自分のように隣人を愛しなさい。」とおっしゃいます。そして、わたしたちが神のみ旨にそって生きるよう出来る限り努力し、それ以上は神に委ねるよう言っておられます。神にとって一番大事なことは全ての人を天国に導いて永遠の命を与えてくださることです。しかしながら、わたしたちは自由意志を持っています。ですからわたしたちが神に願うことと、神がわたしたちにしてくださりたいことが必ずしも同じではありません。

この観点から今日の第一朗読を見てみましょう。南ユダ王国のアハズ王は敵が攻撃してくると聞いて恐怖に陥ります。神に信頼できないのを正当化するために「わたしは主を試すようなことはしない。」といいます。

神はおっしゃいます。「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。この子は自分の民を罪から救う。」これはこの上ない大きなしるしであり恵みです。これはアハズ王が願っていたことではありません。でもアハズ王もこれは何よりも大きな恵みだと今は分かったでしょう。

わたしたちはこの預言がクリスマスに実現したことを知っています。クリスマスまで時間はもうわずかです。清い心でクリスマスを向かえるために準備をいたしましょう。わたしたちはいずれこの世を去ります。そのとき神にすべてを委ねられるでしょうか。それとも拒むのでしょうか。わたしたちに残された地上の時間はもうわずかです。神にすべてを委ねられるようにいたしましょう。

 

三田一郎 助祭