HOME > お知らせ > コラム > [コラム]最も賢いのは蛇だった

[コラム]最も賢いのは蛇だった

シスター品川

聖書には次のように書かれています。
「主なる神が造られた野の生き物のうちで、最も賢いのは蛇であった。」(創世記3.1)

人間の偉大さ、美しさが語られる時、賢くて英知に満ち、なんでもできて、なんと人間は素晴らしいのだろう、と感嘆することが度々あります。反対に残虐な行為やはしたなさが現れる時には、人間の尊厳を盾に非難します。

聖書によると、最も賢いのは人間ではなく、「蛇」つまり悪い者、誘惑する者、悪魔です。人間は神に次ぐ賢い者だと考えるのは間違っているようです。このことに気がついて初めて「人間の分際を弁える」と言われる所以も納得できます。

わたしたちの日常の中に誘惑は常にあります。人間は誰でも誘惑に弱く、この点で「人間らしい」と言えますが、誘惑に負けて滅びることは神の望みではありません。誘惑する者は、その人の一番弱いところから誘惑してくるものです、と昔からの言い伝えがあることを心に留めておきたいものです。

それではこの誘惑にどのようにこれに対処したらよいのでしょうか。いろいろ対処方法はあるかもしれませんが、ある聖人は誘惑するものを「取り合わない」「無視する」「返事をしない」と教えています。わたしもこれが最も良い霊的な選びだと思います。

ここでもう一度聖書に戻ってみます。悪魔の誘惑を受けているエバが「わたしにはこの質問に答える力はない」、とよく分かっていたら誘惑に負けることはなかったでしょう。わたしたちも人間の分際を弁えることが何かを思いめぐらし、今この時に、神の思いだけを求めたいものです。

 

Sr.品川ヨシ子