HOME > お知らせ > コラム > [コラム]タラントンを増やす

[コラム]タラントンを増やす

三田助祭

[福音箇所  マタイ 25:14-30]

今日の福音に記されている例え話ではイエスが主人であり、わたしたちが主人に財産を託された僕です。「主人が旅に出て、帰ってきた」とはイエスが天に昇られて、世の終わりに再臨なさることです。旅に出かける前に、「主人は僕たちに自分の財産を預けた」とありますが、これはイエスがわたしたちに救いの恵みを下さったことです。

私たちは豊富に恵みを頂いていますから、恵みの大きさには関係ありません。5タラントンもらった僕も、2タラントンもらった僕も、同じように「忠実で良い僕だ。よくやった。」と褒められました。つまりイエスから救いの恵みを頂いたものはイエスの福音を知らない人々に伝え、もっと多くの人々が救われるように努力すればイエスから褒められるのです。

1タラントンもらってそのまま返した僕は「この役に立たない僕を外の暗闇に追い出せ」と言われました。暗闇とは神の縁がない地獄です。なぜこんなに厳しい判決なのでしょうか。

この僕も、1タラントンを失しなっても、努力さえすればよかったのです。そしてこの僕はもう一つ悪いことをしました。自分が何もしなかった理由を「失ったら主人から怒られるから」と、主人のせいにしたのです。

私たちも神様から素晴らしいお恵みを頂いています。そのお恵みをなくすことはありません。そのお恵みをなるべく多くの人々もいただけるように働けばいいのです。

 

三田一郎 助祭