HOME > お知らせ > コラム > [コラム]家での宣教が一番難しい

[コラム]家での宣教が一番難しい

三田助祭

[福音箇所 マルコ6:1―6] 

イエスは弟子たちと共に故郷であるナザレに行かれました。そしたらなんとイエスの幼友達を含むナザレの人々は「この人は大工ではないか。この人はこのようなことをどこから得たのだろう。」とイエスの教えについて疑い深く考え、つまずきました。そしてイエスはおっしゃいます。「預言者が敬われないのは、自分の故郷、親戚や家族の間だけである。」

わたしたちも「親戚や家族に」福音を述べ伝えるにはたいへん苦労します。家族そろって神を賛美できることは極めて尊いお恵みです。このお恵みがほしいと思い、夫婦のなかで信者が信者でない相手を説得しようとします。家族は互いにすべてを知っているから問題です。福音を教えようとすると、そんな格好いいことばかり言っていないで「まず自分がその教えを守っているところを見せてくれ」。「あなたからそれを言われたくない」と言って遠ざけます。子供に伝えるときも問題があります。子供は親の言うことを素直に受け入れる時期がありますが、親に対して独自の考えをもつ時期になると難しくなります。

家族にキリストの教えを伝えるには態度で示す以外ありません。家族があなたの背中を見て「この人は教会でなにか宝物をもらってきている。自分もその宝物をほしい。」と思わせるのです。これには時間がかかるかも知れません。

聖モニカが自分の息子のために長年祈ったように、祈るしかすべがないかもしれません。

 

三田一郎 助祭