HOME > お知らせ > コラム > [コラム]感謝の献金

[コラム]感謝の献金

三田助祭

[福音箇所 マルコ12:38-44]

今日の福音でイエスは、やもめと律法学者や金持ちの信仰を比べておられます。

このやもめは無収入で夫の遺産で生活していました。ある日、律法学者が来て、長い祈りをして、その見返りに金を要求しました。律法学者は財産が無くなるまでこのやもめを食い物にしました。

このやもめは常に神に祈っていました。不思議なことに、無一文になってから、やもめの祈りが聞き入られ、日毎の糧が様々な方法で手に入るのです。彼女が神に感謝していたことは言うまでもありません。

神殿にある賽銭箱は遠くから見ていても誰がどれだけ入れるか分かるような仕組みになっていたようです。金持ちは皆が見ている前で献金し、自分の信仰を見せつけようとします。

イエスが見ておられると、やもめが1レプトン銅貨を2枚入れます。今日のお金に換算するとやもめが入れた献金は50円から100円です。この額では金持ちにばかにされますが、一切気にせず、神様からいただいた恵みに感謝して自分の持っているお金を全部献金しました。このやもめは喜びの内にイエスの掟、隣人愛を示したのです。

この福音でイエスが言われているのは、決して「全財産を全部寄付しろ」とか「長い祈りをするな」などではありません。イエスが問題にされているのは律法学者や金持ちが自分をよく見せるために信心深く振る舞うことです。

わたしたちはどうでしょうか。自分が信心深く見えるように行動していないでしょうか。

イエスはわたしたちを死罪から救ってくださったのです。わたしたちは大喜びで心から感謝の気持ちを表す必要があります。

 

三田一郎 助祭