HOME > お知らせ > コラム > [コラム]天に昇る

[コラム]天に昇る

カトリック関口教会 助任司祭:ラニエル・バディラ・ベルドス

物体はどうやってあんなに空を飛ぶことができるのでしょう?私は子供の頃、空に昇るものを見ていつも驚いていました。

気球、凧、飛行機、ヘリコプター、小さな鳥や鷲から雲、太陽、月まで、これらのものに私はいつも畏敬の念を抱かせられました。「物体はどうやって重力に逆らって飛ぶことができるのだろう?」こんな思いを抱いたのは、凧を作れることを自慢していた二人の友達と凧を上げて遊び始めたときだったことに後で気付きました。残念ながら、私は凧を直せるだけでしたが。

次の日、私は凧を上げて幸福に浸っていました。毎日、凧を上げていると空を飛んで舞い上がりたくなりました。凧は小さく、軽いものでしたが、私は太って、不器用でした。それでも、私たちには不可能を可能にするという言葉がありました。

私は風が凧にあたると凧と風が何か一緒にダンスしていることに気付きました。凧と風は古くからの友達のように見えました。私も凧のように空を飛びたくなりました。私も風と一緒にダンスをしたくなりました。私は、風のような私を抱いて空に舞い上がり、空から地上を見せてくれる友達が欲しくなりました。

空に昇ることはあまりにも素晴らしくお金で買うことはできません。飛行機が毎時500Kmのスピードで6万Km の上空を飛行するにはバランスを維持するために恐らく電波と同じくらいのスピードが必要でしょう。

空に昇ることは空から見えたり、経験することを楽しむだけでなく、下に見えるもの、地上の眺めや地上にいる人間のビジネス風景、地上のすべての生物達の相互作用を見て楽しむことでもあります。

私は気付きました。あなたが空高く舞い上がれば上がるほど、下の人々から見るとあなたは小さくなることを。空に上がれば上がるほど、あなたと地上の人間との関係は遠くなることを。このことは私に主の昇天を思い起こさせます。

イエスも天に昇られました。このことは私たちに一つのことを教えています。すなわち、イエスは地上の現象を超越した神であることを。イエスは重力に抗して水の上を歩き、天に昇って父の右の座に着きました。イエスの昇天は、私たちすべてが、私が遊んだ凧のように、天に昇って天国に入ることができることを垣間見せてくれます。私の所属する修道会の創設者であるスカラブリ二は、イエスの昇天は私たちの本当の故郷は地上にあるのではなく天にあることを示唆していると言っています。私たちは皆、天国へと旅しています。天国に向かって飛んでいます。

パル神父

Ascending up in the Sky

How can an object fly like that? I asked. When I was small, I was always amazed on things that ascend up into the sky.

From  air-balloons and kites,  airplanes and helicopters, small birds and eagles, clouds, the sun, the moon, they all always caught me in awe.  “How can an object fly and defy gravity?” I thought. Amidst of this, I realized later I started playing kite with my two friends who boasted their skills in making a kite for me. Unfortunately, I ended up fixing my own kite.

On the next day I was in bliss playing that kite.  Playing it daily made me want to fly and soar too.  The kite is small and light, while I, fat and clumsy. Nonetheless, we have one language- to reach the unreachable.

I noticed when the wind touched the kite it somehow danced together with it. They, the kite and the wind, seemed to be old friends. Similarly, I wanted to fly like the kite; I wanted to dance with the wind. I wanted to have a friend like the wind who can embrace me up in the air and allow me to see the earth’s view from above.

To ascend up in the sky is a priceless endeavor that money cannot pay. It takes for an airplane 40000 miles up in the air with 500 kilometer per hour speed as fast as the radioactive waves perhaps in order to maintain its balance up in the air.

To ascend up in the sky, one does not only enjoy what is seen and experience up in the air, but also enjoy what is seen from below, the view from the ground, the business scene of earthly humans, the interaction of all living things on earth.

I realize that the higher you soar the smaller you become to the people on earth. The higher you ascend the farther the relationship you and the human beings on earth will be. And this brings me back to the ascension of Jesus.

Jesus too ascended in heaven and his ascension taught us one thing; that he is a God above the phenomenon of the earth. Defying gravity, he could walk in the water, same way that he could ascend up into heaven and seated at the right hand of the Father. His ascension is a glimpse that all of us would also ascend and fly like the kite I played with into the heaven. My congregation founder, Scalabrini, once said Jesus ascension suggests that our true homeland is not on earth but on heaven. We all journey towards heaven; we all fly towards it.

 

 Father Pal