HOME > お知らせ > コンサート等 > 2012年4月オルガンメディテーション

2012年4月オルガンメディテーション

オルガンメディテーション - 晩の祈りとオルガン音楽による瞑想

オルガンメディテーション - 晩の祈りとオルガン音楽による瞑想

祈りのテーマ「神からの呼びかけに心を向けよう」

 カトリック教会では、復活祭から4番目の日曜日(今年は4月29日)を「世界召命祈願の日」と定めています。
「召命」という言葉は日常生活ではほとんど使われないかもしれませんが、どの国語辞書にも載っていて、例えば「広辞苑」には「ある使命を果たすよう神から呼びかけられること」とあります。
狭い意味では、聖職者の道への招きを指しますが、根本的には、すべての人が誠実に自分の生涯を過ごすように神から招かれているということを表しているのです。次回のオルガンメディテーションが、神からの呼びかけに心を向けるひとときになればと願っています。

  

日時・場所等

オルガンメディテーション - 晩の祈りとオルガン音楽による瞑想

日時

2012年4月20日(金)19:00~19:45

場所

カトリック東京カテドラル関口教会
聖マリア大聖堂

入場料

無料  (オルガン維持のため、ご献金をいただければ幸いです)

 

演奏プログラム

前奏

J.S.バッハ (1685-1750) Johann Sebastian Bach

  • キリストは死の縄目につながれ BWV625
  • キリストは甦り給えり BWV627
  • 栄光の日はあらわれ BWV629 

 


後奏

J.S.バッハ (1685-1750) Johann Sebastian Bach

  •  幻想曲とフーガ ト短調 BWV542/他 

 

オルガン演奏者:青田 絹江 Kinue Aota

プロフィール

国立音楽大学器楽学科オルガン専攻を卒業(卒業時、武岡賞受賞)、リヨン国立高等音楽院を一等賞で卒業。その後ウィーン国立音楽大学で学び、パリ国立高等音楽院修了。同音楽院在学中奨学金を得て、ミラノでイタリアルネッサンス、バロックオルガン音楽の研鑽を積む。1987年第一回武蔵野市国際オルガンコンクール入選、武蔵野市長奨励賞受賞、1988年トゥールーズ国際オルガンコンクール第二位入賞。第一回大阪ザ・シンフォニーホール・オルガンオーディション合格。1993年帰国後、NHKーFM放送出演、国内各地のコンサートホール他、海外で演奏活動を行っている。所沢市民文化センター・オルガン講師を経て、現在、国立音楽大学、宮城学院女子大学講師。東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂オルガ二スト。日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。

 

お問合せ