HOME > お知らせ > コンサート等 > 2012年10月オルガンメディテーション

2012年10月オルガンメディテーション

オルガンメディテーション - 晩の祈りとオルガン音楽による瞑想 オルガンメディテーション - 晩の祈りとオルガン音楽による瞑想 祈りのテーマ「主が与えてくださる」
50年前の1962年10月11日に開幕した第2バチカン公会議は、キリスト教2000年の歩みの中で、特にカトリック教会にとって、実に大きな節目となりました。今はすっかり当たり前になった各国語によるミサをはじめ、数々の目に見える変化も起こったのです。しかし、この公会議50周年の記念すべき1年を、カトリック教会は「信仰年」として過ごします。「見えるもの」ではなく、むしろ「見えないもの」に目を注ぐ、といってもいいかもしれません。次回のオルガンメディテーションが、「信じる者の幸せ」を垣間見るひとときともなればと願いお誘いいたします。

日時・場所等

オルガンメディテーション - 晩の祈りとオルガン音楽による瞑想

日時

2012年10月12日(金) 19:00~19:45

場所

カトリック東京カテドラル関口教会
聖マリア大聖堂

入場料

無料  (オルガン維持のため、ご献金をいただければ幸いです)

演奏プログラム

 前奏

  • J.S.Bach(1685-1750)  : Concerto G-dur BWV592
    J.S.バッハ:協奏曲 ト長調 BWV592
  • J.S.Bach(1685-1750)  : Canzona d-moll BWV588
    J.S.バッハ:カンツォーナ ニ短調 BWV588
  • J.S.Bach(1685-1750)  : Nun danket alle Gott BWV657
    J.S.バッハ:いざや もろ人神に感謝せよ BWV657(17のライプツィヒ・コラールより)

後奏

  • D.Buxtehude(1637-1707)  : Nun lob, mein Seel, den Herren BuxWV212
    D.ブクステフーデ:いざ わが魂よ、主を頌めまつれ
  • BuxWV212Louis Vierne(1870-1937)  : Clair de Lune
    L.ヴィエルヌ:月の光
  • Louis James Alfred Lefébure-Wely(1817-1869) : Sortie
    ルフェビュール=ヴェリー:ソルティ(退出曲)

 

オルガン演奏者:香取 智子 Tomoko Katori

プロフィール:ジュネーブ音楽院 Premier Prix avec distinction取得。オルガンを故吉田實、lionel Rogg、通奏低音奏法を故Christiane Jaccottet各氏に師事。

ソリストとしてヨーロッパ各地、日本各地で演奏。近年は、リックはびきのコンサートホール、豊田市コンサートホール、ミューザ川崎シンフォニーホールなどで、アトリオン音楽ホールで自ら企画したコンサートを展開し、好評を得ている。また、教育・普及プログラムに力を注ぎ、ワークショップ、オルガン講座修了生によるコンサート、講座修了生によるアウトリーチ活動など、さまざまな可能性を探求している。アトリオン音楽ホールオルガニスト、日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。