HOME > お知らせ > コンサート等 > 2013年5月24日パイプオルガン・ジョイント・リサイタル

2013年5月24日パイプオルガン・ジョイント・リサイタル

2人の福島県出身者オルガにストによる
青田絹江・水野均 パイプオルガン・ジョイント・リサイタル

青田絹江・水野均 パイプオルガン・ジョイント・リサイタル

演奏会によせて…
福島県出身の同じ楽器を演奏する私たちが、
「自分たちにできることを」と、思いをひとつにし、
福島と東京の二カ所で演奏会を開催いたします。

故郷福島は、
世界中の人々の温かい励ましや祈りに支えられ、
一歩ずつ進み始めています。 

この演奏会が、
その歩みのささやかな力となることを心から願います。

復興への祈りとともに…。
                                              青田 絹江 水野 均 

日時・場所等

青田絹江・水野均 パイプオルガン・ジョイント・リサイタル

日時

2013 年 5 月 24 日(金)
19:00 開演(18:30会場)

場所

カトリック東京カテドラル関口教会
聖マリア大聖堂

入場料

3,500円(入場料/全席自由)

チケット取扱

  • サウンド・ギャラリー Tel. 03-3351-4041
  • チケットぴあ Tel. 0570-02-9999
  • 東京文化会館チケットサービス
    http://www.t-bunka.jp/ Tel. 03-5685-0650

演奏プログラム

前奏

  • G・ベーム: 「天にまします我らの父よ」 
  • J.S. バッハ: 前奏曲とフーガ 変ホ長調 BWV552
  • C. フランク: コラール第2番ロ短調
  • 坂本ひな: 相馬流山・合図磐梯山によるラブソディ
    <~未来へ!>(連弾)
                           [委嘱作品/世界初演]
                                                ほか 

 オルガン演奏者:青田 絹江 [南相馬市([旧原町市)出身]

プロフィール:

国立音楽大学器楽学科オルガン専攻を首席で卒業、武岡賞授賞。故・吉田實氏に師事。1989年リヨン国立高等音楽院 (CNSMD de Lyon) を一等賞を得て卒業。故・X. ダラス氏に師事。チェンバロ及びオルガンの歴史的奏法をJ. W. ヤンセン氏に師事。89年~90年ウィーン国立音楽大学で、M. ラドゥレスクに師事の後、パリ国立高等音楽院 (CNSMD de Paris) cycle de perfectionnement (上級クラス) に入学。在学中、同音楽院奨学生として、ミラノでイタリア・ルネッサンス、バロック音楽の研鑽を積み、92年同課程修了。M. シャピュイ、L. ギエルミの両氏に師事。88年第1回武蔵野市国際音楽コンクール入選、武蔵野市長奨励賞受賞、89年第5回トゥールーズ国際オルガンコンクール第2位入賞。留学中よりヨーロッパ各地で演奏、帰国後は国内の数々の主要コンサートホール、各地の教会で演奏。NHK-FM 放送『朝のバロック』、NHK 放送・放送記念式典に出演、毎年フランス、イタリアを中心にヨーロッパ各地で演奏活動を行っている。現在、国立音楽大学、宮城学院女子大学非常勤講師。東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂オルガニスト。日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。

 オルガン演奏者:水野 均 [会津若松市出身]

プロフィール:

東北学院大学経済学部経済学科卒業。国立音楽大学器楽科オルガン専攻を首席で卒業、矢田部賞受賞。同大学院音楽研究科器楽専攻修了。ミラノ市立音楽院古楽器科に留学。東京藝術大学音楽学部大学院音楽研究科後期博士課程修了。博士号 (音楽) 取得。オルガンを廣野嗣雄、吉田實、L. ギエルミに師事。日本国内はもとより、ヨーロッパ各地においてソリストとしての演奏活動、またオーケストラ、室内楽、合唱との共演など活発に行っている。またこれまで、盛岡市民文化ホール、カザルスホールの専属オルガニストとして、オルガン音楽の啓蒙活動の一環として、数多くのコンサートの企画およびコーディネートに携わってきている。2002年SACD「アーレントオルガン at カザルスホール」をリリース。2010年CD「バッハ at カザルスホール」をリリース。各紙で非常に高い評価を得た。桐朋学園大学音楽学部古楽器科非常勤講師、盛岡市民文化ホールオルガン・アドヴァイザー。日本基督教団早稲田教会オルガニスト。日本オルガニスト協会会員、日本オルガン研究会会員。