HOME > お知らせ > コンサート等 > 2013年11月オルガンメディテーション

2013年11月オルガンメディテーション

オルガンメディテーション – 晩の祈りとオルガン音楽による瞑想
祈りのテーマ「神のはからいは限りなく」

東京カテドラル関口教会・オルガンメディテーション - 晩の祈りとオルガン音楽による瞑想

教会の1年は、世間の暦より1か月早く12月から始まります。イエス・キリストの誕生の祝いが12月にあるからです。それで、11月は教会暦では1年の最後の月になりました。そして最後を思う月、さらには死者のために祈る月となりました。わたしたちが1年のサイクルを繰り返しながら、1回限りの人生という道を日々歩んでいることに思いをいたし、いつくしみ深い神のはからいに委ねる心が育まれますように。晩の祈りとオルガン音楽による瞑想のひとときにお誘い申しあげます。

日時・場所等

東京カテドラル関口教会・オルガンメディテーション - 晩の祈りとオルガン音楽による瞑想

日時

2013年11 月8 日(金)19:00~19:45

場所

カトリック東京カテドラル関口教会
聖マリア大聖堂

入場料

無料 (オルガン維持のため、ご献金をいただければ幸いです)

演奏プログラム

前奏

  • J.S.バッハ(1685-1750):Johann Sebastian Bach
  • われ汝に別れを告げん BWV735 Valet will ich dir geben BWV735
  • 汝明るき日なるキリスト BWV766 Christ, der du bist der helle Tag BWV766

後奏

  • J.L.クレープス(1713-1780):Johann Ludwig Krebs
    喜べ、我が魂よ Freu dich sehr, o meine Seele
  • C.フランク(1822-1890):César Franck
    祈り:Prière

オルガン演奏者:小野 なおみ  Naomi Ono 

プロフィール:

国立音楽大学音楽学部器楽学科オルガン専攻卒業。
オルガンを吉田實、青田絹江両氏に師事。在学中、国内外アカデミー給費試験に合格。卒業後フランス、トゥールーズ国立高等音楽院オルガン科においてオルガンをミシェル・ブヴァール、ヤン・ヴィレム・ヤンセン両氏に、チェンバロを宇山康子、ヤン・ヴィレム・ヤンセン両氏に師事し、一等賞(プルミエ・プリ)を得て卒業。また古楽科においても通奏低音の研鑽を積む。現在は礼拝オルガニスト、オルガンの指導にあたる傍ら、国内各地のホール、教会でソロ、アンサンブルの演奏活動を行う。
東北学院大学、尚絅学院大学礼拝オルガニスト。仙台東六番丁教会オルガニスト。日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。