HOME > お知らせ > コンサート等 > 2015年2月オルガンメディテーション

2015年2月オルガンメディテーション

オルガンメディテーション – 晩の祈りとオルガン音楽による瞑想
祈りのテーマ「新しい時」

東京カテドラル関口教会・オルガンメディテーション - 晩の祈りとオルガン音楽による瞑想

人はだれも過去にさかのぼって人生をやり直すことはできません。しかし、どんな過去を背負っていたとしても、人は自らの人生を新しく始めることができるのです。イエス・キリストがお生まれになって2015年。これほど経っても、ちっとも古くなっていないイエス・キリストの新しさ。その新しさの力によって新しい時を始めることができるのです。

わたしたちの中で善い業を始められた神がそれを完成してくださいますように(フィリピ1・6)。そう願いながら、2015年のオルガン・メディテーションを始めたいと思います。

 

日時・場所等

東京カテドラル関口教会・オルガンメディテーション - 晩の祈りとオルガン音楽による瞑想

日時

2015年2月13日(金)19:00~19:45

場所

カトリック東京カテドラル関口教会 
聖マリア大聖堂

入場料

無料 (オルガン維持のため、ご献金をいただければ幸いです)

演奏プログラム

前奏

C.トゥルヌミール ( 1870 – 1939 ) : Charles Tournemire

・神秘のオルガンより「 五旬齋の主日」Op.56
 : Domenica in Quinquagésima tiré de l’Orgue Mystique

 

I 入祭唱の前奏曲 : Prélude à l’introït

II 奉献唱 : Offertoire

III 聖体奉挙 : Élévation

IV 聖体拝領 : Communion

V ステンドグラス : Verrière

 

後奏

佐々木里奈 ( 1984 – ) : 天翔鳩 〜 聖スコラスティカに捧ぐ 〜 

J.アラン (1911-1940 ) : Jehan Alain

  • 連禱 : Litanies
  • 終課のための後奏曲 : Postlude pour les offices de complies

  

オルガン演奏者プロフィール

青田 絹江 – Kinue Aota

国立音楽大学器楽学科オルガン専攻を首席で卒業、卒業時武岡賞受賞、リヨン国立高等音楽院を一等賞を得て卒業。パリ国立高等音楽院最上級課程修了。ミラノ、ウィーン国立音楽大学で研鑽を積む。第1回武蔵野国際オルガンコンクール入選・武蔵野市長奨励賞受賞、第5回トゥールーズ国際オルガンコンクール第2位入賞。日本各地、フランス、イタリア、ヴァチカン、ドイツ、ベルギー、オランダ等で演奏を行う。国際オルガンコンクール審査員 ( 2013年イタリア、2014年オランダ ) 。日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。国立音楽大学講師、東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂オルガニスト。