HOME > お知らせ > コンサート等 > 2015年9月オルガンメディテーション

2015年9月オルガンメディテーション

オルガンメディテーション
晩の祈りとオルガン音楽による瞑想
祈りのテーマ「愛は永遠」

東京カテドラル関口教会・オルガンメディテーション - 晩の祈りとオルガン音楽による瞑想

「愛の賛歌」という題名のついた歌はいくつもあるでしょうが、歴史上もっとも有名なものは、パウロの「愛の賛歌」にちがいありません。なにしろ二千年近く愛唱され続けてきたのですから。パウロは「愛は忍耐強い」から始めて愛の特徴を15列挙した上で、最後に「愛は決して滅びない」と結びます。地上のすべてのものは過ぎ去りますが、愛だけはいつまでも残るのです。人生にとって何が真に価値あるものなのか。オルガン音楽に耳を傾け、晩の祈りをともにしながら、静かに自らの生き方を振り返りましょう。東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂でのオルガンメディテーションへのお越しをお待ちしています。

 

日時・場所等

東京カテドラル関口教会・オルガンメディテーション - 晩の祈りとオルガン音楽による瞑想

日時

2015年9月11日(金)19:00~19:45

場所

カトリック東京カテドラル関口教会
聖マリア大聖堂

入場料

無料 (オルガン維持のため、ご献金をいただければ幸いです)

演奏プログラム

前奏

  • C. フランク:前奏曲、フーガと変奏 Op.18
    César Franck(1822-1890) Prélude, Fugue et Variation Op.18
  • J. S. バッハ:フーガ ロ短調(コレッリの主題による) BWV 579
    Johann Sebastian Bach(1685-1750):Fuga in h (über ein Thema von Corelli) BWV 579

 

後奏

  • J. S. バッハ:トッカータとフーガ ニ短調 BWV 538

    Johann Sebastian Bach(1685-1750):Toccata et Fuga in d  BWV 538

 

オルガン演奏者プロフィール

松浦 光子

国立音楽大学オルガン科卒業、武岡賞受賞
同大学大学院音楽研究科(オルガン専攻)修了
ミュンヘン音楽大学大学院オルガン科修了
オルガンを、佐野直子、吉田實、E.クラップの各氏に師事
所沢市民文化センター(ミューズ)オルガンスクール第7期および8期の講師を務め、
現在、青山学院大学オルガニスト、同大学オルガニスト養成講座講師
日本基督教団松沢教会オルガニスト
日本オルガニスト協会会員
日本オルガン研究会会員
共訳書に『バッハ=カンタータの世界』全3巻(監訳 / 礒山雅 東京書籍)がある