HOME > お知らせ > コンサート等 > 2016年2月オルガンメディテーション

2016年2月オルガンメディテーション

オルガンメディテーション
晩の祈りとオルガン音楽による瞑想
祈りのテーマ「どんな時にも」

東京カテドラル関口教会・オルガンメディテーション - 晩の祈りとオルガン音楽による瞑想

イエス・キリストがお生まれになってから2016年という年がやってきました。そして、早いものでこのオルガンメディテーションが始まってもう12年目を迎えます。毎月第2金曜日の夜、東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂での晩の祈りとオルガン音楽による瞑想のひとときを過ごしませんか(1月と8月はお休み)。
うれしい時も悲しい時も、張り切っている時も落胆している時も、どんな時にも共にいてくださる神に思いをはせる機会となりますように。

 

日時・場所等

東京カテドラル関口教会・オルガンメディテーション - 晩の祈りとオルガン音楽による瞑想

日時

2016年2月12日(金)19:00~19:45

場所

カトリック東京カテドラル関口教会
聖マリア大聖堂

入場料

無料 (オルガン維持のため、ご献金をいただければ幸いです)

演奏プログラム

前奏

  • J.S.バッハ 「恵み深きイエスを迎えん」BWV768
    Johann Sebastian Bach(1685-1750) Sei gegrüßet,Jesu gütig BWV768

 

後奏

  • M.デユリュフレ 「アランの名による前奏曲とフーガ」
    Jo Maurice Duruflé(1886-1971) Prélude et Fugue sur le nom d’Alain Op.7

 

オルガン演奏者プロフィール

青田絹江

国立音楽大学器楽学科オルガン専攻を首席で卒業、卒業時に武岡賞を受賞。リヨン国立高等音楽院オルガン科を1等賞を得て卒業。パリ国立高等音楽院最上級課程修了。ウィーン国立音楽大学、ミラノで研鑽を積む。  第1回武蔵野市国際オルガンコンクール入選、武蔵野市長奨励賞を受賞。第5回フランス・トゥルーズ国際オルガンコンクール第2 位入賞。 NHK-FM放送出演他、国内各地で演奏活動を行っており、海外では毎年フランス、イタリアを中心に、スペイン、ドイツ、スイス、オランダ、ベルギー等でオルガンフェスティヴァルに招かれ、2013年にはヴァチカン・サンピエトロ大聖堂のクリスマスミサで演奏。国際オルガンコンクール審査員 ( 2013年イタリア、2014年オラ ンダ ) 。日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。国立音楽大学講師、東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂オルガニスト。