HOME > お知らせ > コンサート等 > 2016年5月オルガンメディテーション

2016年5月オルガンメディテーション

オルガンメディテーション
晩の祈りとオルガン音楽による瞑想
祈りのテーマ「聖母と共に」

東京カテドラル関口教会・オルガンメディテーション - 晩の祈りとオルガン音楽による瞑想

「5月になると、いつもに増して聖母について考え、話しかけたくなります。実際、5月は聖母の月です。同時に典礼暦年の『「復活節』に当たっています。5月、聖母マリアに対して思い切り心を開くように、私たちは招かれているのです」(聖ヨハネ・パウロ二世、1979年5月2日)。
マリアよ、わたしたちのために祈ってください。思いっ切り心を開いてあなたに話しかけることが出来ますように。カテドラルに響くメロディーのように清い心を持てますように。

 

日時・場所等

東京カテドラル関口教会・オルガンメディテーション - 晩の祈りとオルガン音楽による瞑想

日時

2016年5月13日(金)19:00~19:45

場所

カトリック東京カテドラル関口教会
聖マリア大聖堂

入場料

無料 (オルガン維持のため、ご献金をいただければ幸いです)

演奏プログラム

前奏

  • N.グリニー (1672-1703)
    讃歌「めでたし海の星よ」
    Nicolas de Grigny
    Hymne “Ave Maris Stella”

  • J.S.バッハ(1685-1750)
    「わが魂は主をあがめ」BWV648
    Johann Sebastian Bach
    “Meine Seele erhebt den Herren” BWV648

  • G.アイヒンガー(1564-1628)
    レジーナ チェリ(天の元后喜びたまえ)の交唱
    Gregor Aichinger
    Antiphon “Regina caeli, laetare”

後奏

  • N.アキム (1955- )
    サルヴェ レジーナ(元后あわれみの母)
    Naji Hakim
    Salve Regina

  • F.ペーテルス (1903-1986)
    アヴェ・マリス・ステラ(めでたし海の星よ)によるトッカータ、フーガと讃歌 
    Flor Peeters
    Toccata, Fugue et Hymne sur Ave Maris Stella

     

オルガン演奏者プロフィール

土橋 薫

大阪音楽大学ピアノ科及びオルガン科卒業。東京藝術大学大学院修了。西ドイツ、ウェストファーレン州立教会音楽学校に奨学金を得て留学し、西ドイツ教会音楽家A資格(オルガン演奏、声楽)を取得。いずみホール、ザ・シンフォニーホール、LICはびきの、など関西を中心に全国各地で多くの演奏会に出演。大阪音楽大学、及び甲南女子大学の講師。LICはびきのオルガン講座講師。日本基督教団島之内教会オルガニスト。日本オルガニスト協会会員、日本オルガン研究会会員。