HOME > お知らせ > コンサート等 > 2016年6月オルガンメディテーション

2016年6月オルガンメディテーション

オルガンメディテーション
晩の祈りとオルガン音楽による瞑想
祈りのテーマ「イエスのみ心」

東京カテドラル関口教会・オルガンメディテーション - 晩の祈りとオルガン音楽による瞑想

6月は「御心(みこころ)の月」です。特に最初の金曜日(今年は3日)はイエスのみ心の日として大切な祭日に指定されています。み心という言葉は聖心という言葉でも表わされています。西洋では心がそのまま心臓そのもので理解されますので日本人には理解しにくいところですが、イエス様の本心というふうに受け止めたらいいと思います。イエス様の本心は愛ですから、迷った一匹の羊を救うために99匹を置いて出かけたイエス様の愛をしっかりと味わい、愛の心で生きて行く決意を新たにいたしましょう。

 

日時・場所等

東京カテドラル関口教会・オルガンメディテーション - 晩の祈りとオルガン音楽による瞑想

日時

2016年6月10日(金)19:00~19:45

場所

カトリック東京カテドラル関口教会
聖マリア大聖堂

入場料

無料 (オルガン維持のため、ご献金をいただければ幸いです)

演奏プログラム

前奏

  • A.ヴァレンテ(ca.1530-1600) ロンバルディア風ガイアルド(連弾)
    Antonio Valente Gagliarda Lombarda

  • C.グッサーゴ (ca.1550-1620) ソナタ「ラ・レオーナ」(連弾)
    Cesario Gussago Sonata La Leona a 8

  • J.S.バッハ (1685-1750) フーガ ハ短調レグレンツィのテーマによる BWV574(吉田)
    Johann Sebastian Bach Fuge in c-moll über ein Thema von Legrenzi BWV574

  • ベルガモのダヴィデ神父(1791-1863) 聖体奉挙 ニ短調 (ガイ)
    Padre Davide da Bergamo Elevazione in re minore  

後奏

  • D.ベダール (1950-) トリロジー 行列/空想/ダンス(連弾)
    Denis Bédard Trilogie Cortège / Rêverie / Danse

     

オルガン演奏者プロフィール

アレックス・ガイ

パドヴァ、ミラノ音楽院卒。ジャルダ賞、カッリード国際オルガンコンクール受賞。吉田愛との連弾ユニットでは、オルガンの幅広い魅力を紹介している。CD「4手の対話」は各音楽誌にて表彰された。テゼロ市サン・エリゼオ教会オルガニスト。またA.ゼーニ・オルガン工房にてオルガン制作に携わっている。

吉田 愛

武蔵野音楽大学、リューベック音楽大学卒。マーストリヒト、ローザンヌ国際オルガンコンクール受賞。盛岡市民文化ホール専属オルガニストを経て、現在は北イタリアを拠点に音楽活動を行う。CD「バッハとイタリア」。エーニャ市サン・ニコロ教会オルガニスト。