HOME > お知らせ > コンサート等 > 2017年10月オルガンメディテーション

2017年10月オルガンメディテーション

オルガンメディテーション
晩の祈りとオルガン音楽による瞑想

東京カテドラル関口教会・オルガンメディテーション - 晩の祈りとオルガン音楽による瞑想

日時

2017年10月13日(金)19:00~19:50

場所

カトリック東京カテドラル関口教会
聖マリア大聖堂

東京カテドラル関口教会・オルガンメディテーション - 晩の祈りとオルガン音楽による瞑想

入場料

無料 (オルガン維持とこの催しの支援のため、献金をいただければ幸いです)

内容詳細

曲目等詳細は、右に添付しているチラシをクリックしてご覧ください。

演奏者

イレナ & サムエル・クンマー Irena & Samuel Kummer

サムエル・クンマー
シュトゥットガルト音楽大学で教会音楽を学ぶ。オルガンをC.ボッサート、W.ヤコブ、L.ローマンに師事。また即興演奏をW.ベッツラー、W.ザイフェン、H.M.コリントに師事し、最優秀の成績で教会音楽A資格を取得し卒業。2005年からはドレスデン・聖母教会オルガニストをつとめ、またドレスデン教会音楽学校で教鞭もとっている。ドイツ国内はじめベルギー、オランダ、バルト諸国、アメリカ、スカンジナビア、スイス、ロシア、アメリカ合衆国、中央アメリカ諸国のカテドラルやコンサートホールで演奏し、高い評価を得ている。1996年マーストリヒト(オランダ)でのコンクールで第1位、1998年はオーデンゼーでのコンクールに入賞。昨年はニュルンベルク国際オルガンコンクールで審査員を務めた。

 

イレナ・クンマー
ヴィリニュス音楽院でオルガンとピアノ、シュトゥットガルト音楽大学でL.ローマンに師事し、演奏家資格を取得し卒業。ヨーロッパ諸国、アメリカ合衆国、中央アメリカで演奏。クラリネット奏者である父、Algirdas Budrys と、また室内オーケストラや数多くの合唱団と共演、またソリストとして演奏する機会も多い。1988年キエフ国際オルガンコンクール第1位、1991年チュリオニス国際オルガンコンクール第3位。最近は、チュリオニス国際オルガンコンクール審査員、またCD録音ほかラジオ、テレビ出演など各方面で活躍している。