HOME > お知らせ > コンサート等 > 2017年11月オルガンメディテーション

2017年11月オルガンメディテーション

オルガンメディテーション
晩の祈りとオルガン音楽による瞑想

東京カテドラル関口教会・オルガンメディテーション - 晩の祈りとオルガン音楽による瞑想

日時

2017年11月10日(金)19:00~19:50

場所

カトリック東京カテドラル関口教会
聖マリア大聖堂

東京カテドラル関口教会・オルガンメディテーション - 晩の祈りとオルガン音楽による瞑想

入場料

無料 (オルガン維持とこの催しの支援のため、献金をいただければ幸いです)

内容詳細

曲目等詳細は、右に添付しているチラシをクリックしてご覧ください。

演奏者

リウエ・タミンガ  Liuwe Tamminga

オランダ・フリースランドに生まれる。16.17世紀イタリアオルガン音楽研究の第一人者として注目を集めている。

ボローニャ サン・ペトロニオ聖堂において2台の銘器L.ダ・プラト製作(1471-1475)、B.マラミニ製作(1596年)のオルガニストを務める。CD録音多数。『カヴァツォーニ全作品集』(ディアパソン ドール賞、ドイツレコード批評賞、ゴールドベルグ5つ星)、『フレスコバルディとG.ガブリエリのファンタジア、リチェルカーレ、カプリッチョ全集』(ディアパソン5つ星)。また、『イタリアのモーツアルト』、『カナリア諸島の歴史的オルガン』、『マントヴァの舞踏会』、G.プッチーニの作品を集めたCDでも高い評価を得、注目を集める。G.ド マック、パレストリーナ、J.ブースなどの鍵盤音楽作品集、二台オルガンのための曲集を出版している。

ボローニャのサン・コロンバ美術館、タリアヴィーニ・コレクションの責任者でもある。ヨーロッパをはじめ、U.S.A、南米、日本など世界各地で演奏を行っている。