HOME > お知らせ > コンサート等 > 2018年4月オルガンメディテーション

2018年4月オルガンメディテーション

オルガンメディテーション
晩の祈りとオルガン音楽による瞑想

東京カテドラル関口教会・オルガンメディテーション - 晩の祈りとオルガン音楽による瞑想

日時

2017年4月13日(金)19:00~19:50

場所

カトリック東京カテドラル関口教会
聖マリア大聖堂

東京カテドラル関口教会・オルガンメディテーション - 晩の祈りとオルガン音楽による瞑想

入場料

無料 (オルガン維持とこの催しの支援のため、献金をいただければ幸いです)

内容詳細

曲目等詳細は、右に添付しているチラシをクリックしてご覧ください。

演奏者

梅干野 安未 Ami Hoyano

東京芸術大学及び同大学院修了。オルガンを関本恵美子、今井奈緒子、早島万紀子、廣野嗣雄の各氏に師事。学内にて安宅賞、アカンサス賞、同声会賞受賞。2007年より渡仏文化庁新進芸術家海外研修制度の支援を受け、パリ国立高等音楽院にてオリヴィエ・ラトリー、ミシェル・ブヴァール両氏に師事し、学士及び修士課程修了。同音楽院では、エクリチュール科にも在籍し、和声、ルネサンス対位法のプリを獲得。その後ブリュッセル王立音楽院にてベルナール・フォックルール氏のもとで研鑽を積んだ。2010年北フランス・ベューヌ国際コンクール入賞に伴いソロCD「REVELATIONS」を発売。2015年ルクセンブルク・デュドランジュ国際オルガンコンクール優勝。昨年6月にはパリのラジオ・フランスに新設されたオルガンでの演奏会に招かれるなど、国内外の注目を集めている。現在、所沢ミューズ・ホールオルガニスト、明治学院非常勤オルガニスト、千石アトリエ・バロック・オルガン教室講師。