HOME > お知らせ > コンサート等 > 2018年9月オルガンメディテーション

2018年9月オルガンメディテーション

オルガンメディテーション
晩の祈りとオルガン音楽による瞑想

東京カテドラル関口教会・オルガンメディテーション - 晩の祈りとオルガン音楽による瞑想

日時

2018年9月14日(金)19:00~19:50

場所

カトリック東京カテドラル関口教会
聖マリア大聖堂

東京カテドラル関口教会・オルガンメディテーション - 晩の祈りとオルガン音楽による瞑想

入場料

無料 (オルガン維持とこの催しの支援のため、献金をいただければ幸いです)

内容詳細

曲目等詳細は、右に添付しているチラシをクリックしてご覧ください。

演奏者

ロドルフォ・ベラッティ Rodolfo Bellatti

イタリア・ジェノヴァ・ニコロパガニーニ国立音楽院をオルガンと作曲のディプロマを得て卒業。2000年よりスイス・バーゼル国立音楽院において、ギィ・ボヴェ

氏に師事し、オルガン演奏ソリストデイプロマを首席で得る。イタリア・ヴィチェンツァ国立音楽院にて、ロベルト・アントネッロ氏のもとでオルガン及びハープシコードを学び卒業。1991年から97年までジェノヴァ・ノストラ・シニョーラ教会オルガニスト、1998年より、スイス・ヌシャテルのセリエール教会オルガニスト、更にスイス・ラ・ショード・フォンの教会オルガニストを務め、現在イタリア・サンタ・マルゲリータ・リグレ教会オルガニストを務めている。

古楽アンサンブル“il concento”の通奏低音者、イタリア北部の歴史的オルガンの保存に関心を持ち、国際的な修復プロジェクトにアドバイザーとして、ラパッロ国際音楽オルガンフェスティバルに携わる。2002年スイス・マガディーノ国際オルガンコンクール1位無しの第3位、2004年イタリア・ヴィテルボ第9回国際オルガンコンクール第1位、サングイド・ダクエサーナコンクール第1位をはじめ、様々な国際オルガンコンクールで8つの賞を得る。

オルガンに関わる出版物(出版楽譜SC8771スイス・スコラカントルムよりブラームス、ハイドンのテーマによる変奏曲 オルガン編曲)や、4つのCDをリリース(オルガンソロ・2台オルガン・サックスとオルガン等)。ヨーロッパ(イタリア・フランス・スイス・ドイツ等)各地での演奏に招聘され、日本にも度々訪れ、共演や後進の指導、各地で演奏会を行う。