HOME > お知らせ > コンサート等 > 2012年3月オルガンメディテーション

2012年3月オルガンメディテーション

オルガンメディテーション - 晩の祈りとオルガン音楽による瞑想

オルガンメディテーション - 晩の祈りとオルガン音楽による瞑想

祈りのテーマ「被災地に祈りを込めて」

 東日本大震災から1年がたとうとしています。今回のオルガンメディテーションでは、特に大震災の犠牲となった方々のみもとでの永遠の安息を願うとともに、この大震災と原発事故により家族、家、生活手段をなくした方々が一日も早く悲しみと苦しみから解放され、安心して暮らせる日がきますように、祈りましょう。

皆さまのお越しをお待ちしています。

  

日時・場所等

オルガンメディテーション - 晩の祈りとオルガン音楽による瞑想

日時

2012年3月9日(金)19:00~19:45

場所

カトリック東京カテドラル関口教会
聖マリア大聖堂

入場料

無料  (オルガン維持のため、ご献金をいただければ幸いです)

 

演奏プログラム

前奏

V.リューベック (1654/56頃―1740)   Vincent Lübeck

プレアムブルム ホ長調 Praeambulum in E

 

J.S.バッハ (1685-1750)   Johann Sebastian Bach

最愛のイエス、われらはここにあり
Liebster Jesu, wir sind hier  BWV.731

プレリュードとフーガ ハ短調
Präludium und Fuge in c  BWV.546

 

後奏

C.フランク (1822-1890) César Franck

 英雄的小品 ロ短調 Pièce héroïque

 

オルガン演奏者:保田紀子 Noriko Yasuda

プロフィール

東京芸術大学楽理科、オルガン科卒業及び大学院修了。島田麗子、廣野嗣雄、秋元道雄の各氏に師事。

1980年ドイツ政府給費留学生(DAAD)として渡独。フライブルク国立音楽大学でZ.サットマリー氏に師事し、同大学卒業。

1983年秋に帰国後、東京カテドラル、神奈川県民ホール、武蔵野市民文化会館、サントリーホール、東京芸術劇場等でコンサート、NHK・FMに録音の他、合唱団,合奏団との共演も多数。

1985年ドイツ・ジンツィヒの現代音楽週間に招かれて好評を博し、以後、シリーズで現代音楽のリサイタルを開催している。

1999年冬,2002年秋「サイトウ・キネン・フェスティバル」に出演。

松本市音楽文化ホールオルガニスト、日本オルガニスト協会会員,日本オルガン研究会会員。

 

お問合せ