HOME > お知らせ > せきぐち > せきぐち – 2012年3-4月号

せきぐち – 2012年3-4月号

教会運営委員長就任にあたって

-関口教会の皆さまへ-

新教会運営委員長 金澤雄一郎

使徒信条

新教会運営委員長 金澤雄一郎皆さま、こんにちは。1月の信徒総会で運営委員長に選出された金澤雄一郎です。現在私は大学の教員をしています。授業・学生指導といった「教育」の仕事量が約40%とすれば、残りの60%を「研究」に割いています。研究のために年数回の海外出張のほか、週末も忙しく、毎週末に教会に来るのが困難な状態です。それにも拘らずこの仕事をお引き受けしたのは、時間がとれないために他のどなたも委員長職を引き受けることが困難だからです。この事実を念頭に関口教会を効率的かつ実質的に運営してゆきたいと思います。

運営委員会ですが、委員の皆さまは、まず議長である私にメモ書きで結構ですので、開催の一週間前までに報告事項と審議が必要な項目について連絡を頂きたいと思います。それらをもとに前日までに議事次第を神父様方と打ち合わせて皆さまにご連絡します。これらの連絡にはメイルを使って頂き、電話やファックスはやむを得ない場合に限らせてください。例外的な場合を除き一時間半を超えて運営委員会を行うつもりはありません。

議事の進め方は、 (1)報告事項(2)審議事項・動議の審議というロバート会議法にしたがいますが、報告に続いて審議に入ったほうが効率的な案件は、そのようにします。会議の場での審議事項の提案である動議は、提出した本人以外にもう一人の賛成(セカンド)が必要です。このため議長からセカンドするかどうかをお伺いすることにし、支持されれば審議事項とします。

提案をあらゆる角度から検討するための審議ですので、皆さまの智恵を発言という形で全員が表明して頂きたいと思います。

何が決定されたのかを教会の皆さまに連絡するため、議事録は非常に重要です。委員会の場で決定事項を読み上げて確認を促すこと、およびすぐに完成した議事録を委員全員に送り、再確認を促すこと、をお願いします。

教会の皆さまへの奉仕の気持ちを忘れずに、楽しく進めてゆきます。ご協力をお願いします。

1頁 2頁 3頁 4頁 5頁 6頁 7頁