HOME > お知らせ > せきぐち > せきぐち – 2014年8-9月号

せきぐち – 2014年8-9月号

荒井神父様・宮内神父様追悼

本年7月30日に関口教会の第13代主任司祭宮内薫行神父様が、8月23日には第10代主任司祭の荒井金蔵神父様が帰天されました。荒井神父様はカテドラル献堂に携わり、宮内神父様は関口教会80周年の際の主任司祭でした。関口教会を支え導いてくださった両神父様が神様のみもとでゆっくり憩われますように、また、わたしたちの関口教会でのあゆみをいつも見守って励ましてくださいますよう、お祈りいたしましょう。

第10代主任司祭 荒井金蔵師

第10代主任司祭 荒井金蔵師

カテドラル献堂の際、複雑な曲面よりなる屋根の建設工事は命綱なしに行われており、非常に困難で危険を伴うものでした。工事に携わっていた職人さんの一人が、当時主任司祭であった荒井神父様に、お守りはないかと聞いてきたそうです。この職人さんたちは命がけで作業を進めているのだと痛感された神父様は、すぐに四谷まで行って、あるだけの不思議のメダイを購入し、鎖を付けて祝福して一人ひとりに渡し、大変喜んでもらったとのことです。これは、荒井神父様が神様のみもとに召される半年前に、熱意を込めて語られたお話です。

荒井神父様の略歴

  • 1918年1月8日 東京・浅草に生まれる
  • 1918年1月8日  受洗
  • 1947年12月22日 司祭叙階
  • 1948年4月~1949年4月 浅草教会助任司祭
  • 1949年5月~1953年5月 豊島教会助任司祭
  • 1953年6月~1954年3月世田谷教会助任司祭
  • 1954年4月~1967年10月 関口教会主任司祭
  • 1967年11月~1971年3月 浅草教会主任司祭
  • 1971年3月~1974年3月  荻窪教会主任司祭
  • 1974年以降、東京カテドラル聖マリア大聖堂に奉職
  • 2014年8月23日  帰天

 

 

第13代主任司祭 宮内薫行師

第13代主任司祭 宮内薫行師

「もの静かで余計なことはおっしゃらず、いつも優しく接してくださる神父様でした。神様に忠実にお仕えする姿の伝え方が控えめでいらっしゃったので、その分余計に宮内神父様の後ろにいらっしゃるイエス様のお姿を拝見できた気がします」とは、当時土曜学校のリーダーをなさっていた方から伺ったお話です。関口教会100周年記念誌には、ヨハネ・パウロ二世教皇をカテドラルに迎えた時の感想として、活力に満ち、積極的に己が使徒職に立ち向かわれ、意志力あふれている姿に感激したとの思い出が綴られていました。

宮内神父様の略歴

  • 1920年2月24日 福井県敦賀市に生まれる
  • 1937年3月27日  高円寺教会にて受洗
  • 1955年5月19日  助祭叙階
  • 1955年12月21日  司祭叙階
  • 1956年4月~1967年11月 浅草・立川・世田
  • 谷教会の助任司祭を歴任
  • 1969年10月~1978年10月町田教会主任司祭
  • 1978年10月~1981年3月 関口教会主任司祭
  • 1981年4月~1985年1月  司教総代理
  • 1985年4月~1994年9月  関町教会主任司祭
  • 2014年7月30日 帰天

 

 

1頁 2頁 3頁 4頁 5頁 6頁