HOME > お知らせ > 週報 > 週報No.404-2018年8月19日(年間第20主日)

週報No.404-2018年8月19日(年間第20主日)

1.「長寿のお祝い2018」の献品、献金のお願い

9月16日(日)、10時ミサ後、「長寿のお祝い2018」をケルンホールで開催します。“みんなで集う長寿のお祝い“をテーマに、大人も子供もともに楽しく長寿をお祝いしたいと思います。つきましては、その際の飲み物(ワイン、ビール券等)とビンゴゲームの景品(小物類)などの献品、献金を受け付けます。9月9日(日)まで、10時ミサ前後にエントランスホールで受け付けますので、皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。(「長寿のお祝い2018」実行委員会)

2.司祭の予定について

西川神父様は司祭・年の黙想のため8月27日(月)から9月1日(土)まで不在となります。また、ルイス神父様はペルーに一時帰国されるため9月4日(火)から9月27日(木)まで不在となります。

3.“学びと祈りのつどい”のお知らせ

マリア会では下記により“学びと祈りのつどい”を開催します。詳細は事務室にあるチラシをご覧ください。当日参加も可能です。準備の都合上、チラシに記載してある問合せ先までご連絡いただけると幸いです。

  • 日時:9月1日(土)10時30分~16時30分
  • テーマ:「復活のイエスとの出会い」
  • 指導:森一弘司教
  • 場所:真生会館       

4.西日本豪雨災害に対する救援募金について

このたびの西日本豪雨災害による被災者の救援活動を支援する募金を行なっています。皆さまの献金はカリタスジャパンが被災地の教区と連携して推進する救援活動のために活用させていただきます。聖堂入口で受け付けていますので、ご協力をお願いします。(7月15日から8月5日までの献金は合計102万3,161円で、全額をカリタスジャパンへ送金いたしました。)

5.お水のサービスのお知らせ

福祉部では暑さ対策として10時ミサ後、関口会館エントランスホールでお水のサービス行っていますので、ご利用ください。

 

8月19日の予定

聖歌隊練習(9時10分、中会議室)

8月26日の予定

ルイス神父様霊名のお祝い(10時ミサ後、大聖堂)

その他の予定

教会学校・中高生会サマーキャンプ(8月17日(金)~19日(日))

財務委員会(8月25日(土)、12時、集会室1)

 

司祭短信 62

先週15日は、聖母被昇天の祭日でした。台風の影響で、午前中かなり強い風が吹き荒れていて、ミサの会場になる予定であったルルドの前広場は、午前中、準備作業に困難を感じるほどでした。天気予報を調べてみたら、夕方は収まるようなことでしたので、なんとか作業を済ませて様子を見ていました。しかし、午後になっても、風の勢いは静まるどころか、収まる感じではないので、ミサの会場を大聖堂に移すことにしました。せっかく、ルルドの前で行うことにし、それを楽しみにしていたのに残念でしたが、その後の天候からすると、移してよかったです。

さて、その日を、心待ちにしている方々がいらっしゃいました。それは、その日の午後5時、つまり、ミサが始まる1時間前に洗礼式があり、受洗されるかたがお二人です。そのお二人は、TIさんとSOさんでした。TIさんは、二年前から教会に通われて、幾つかの勉強会に出ておられました。当然ながら、どの方からも受洗を勧められ、まだまだ、洗礼までに至っておりませんのでと答えてこられたようです。

機が熟したというべきかもしれませんが、つい最近、受洗を決意して、相談に来られました。これまでの霊的遍歴をお聞きして、洗礼を許可しました。教会に来るようになってからの勉強は多岐に渡ったようで、聖書も教理もかなり進んでおられました。もちろん、勉強にはキリがありません。これからも勉強は続きます。受洗は、勉強に大きな弾みがつくでしょう。霊名はベルナデッタを選ばれました。そのままだと思います。というのは、朝早く、ルルドの前あたりを掃除している姿をよく見かけます。その姿はベルナデッタのようです。

さて、もう一人の受洗者を紹介します。SOさんです。土曜日、事務室の受付ボランティアをしてくださっているMOさんの息子さんです。前から、チャンスがあったら洗礼を授けたいと思っていましたが、なかなかチャンスに恵まれず、その時をお与えくださいと祈っていました。ですから、先々週、お母さんから「Sの洗礼をと思っていますが、いかがでしょうか」という話があった時、すぐに「いいですね、待っていましたよ」申し上げました。Sくんは、通常、お母さんと離れて栃木県の足利市にあるココ・ファーム・ワイナリーで働いていて、休みの日はお母さんのところに帰ってきます。かなりの重労働をこなしているたくましい青年です。受洗にあたっては、代父をIさん、霊名は、アッシジのフランシスコをいただきました。

洗礼式は、ルイス神父と西川神父で行いました。大聖堂の洗礼場には、初めは数人の方々だけでしたが、次第に増えて、30人以上の方々が集まってくださいました。その人数に、SOさんもTIさんも驚いていました。式が終わってからの記念写真は10分くらい続きました。SちゃんとIさんと代父のIさん、それにお母さんの笑顔を一枚でも多く撮っておこうという雰囲気でした。神様は、時々、世の中のすべての心配や気がかりを取っ払って、腹の底から喜べる時を与えてくださいます。神様がしてくださっているんだと理屈抜きでわかる機会を与えてくださいます。二人の洗礼、堅信式は、まさにその時でした。神様、ありがとうございます。