HOME > お知らせ > 週報 > 週報No.445-2019年6月2日(主の昇天)

週報No.445-2019年6月2日(主の昇天)

1.マリア会開催のお知らせ

マリア会では、本日、10時ミサ後、中会議室にて天本神父様の講話・茶話会を予定しています。どなたでもどうぞご参加ください。

2.「初金の集い」:主任司祭より        

6月7日の10時に行われる初金のミサ後に「初金の集い」をはじめます。簡単な茶話会のような形式で始めたいと思います。どなたでも参加可能です。主任・助任・信徒・修道者の交流の場にしていきましょう。

3.教区合同堅信式で受堅される方へ

6月9日(聖霊降臨の主日)に行なわれる東京教区合同堅信式で受堅される方及び代父母の方は、当日、13時30分に中会議室に集合してください。当日のスケジュール表が事務室にありますので、必要な方はお持ちください。

4.関口会館ならびに東京カテドラル聖マリア大聖堂修復工事のお知らせ:教区本部事務局より

1) 関口会館正面玄関入口扉のフロアーヒンジ取替工事

 6月18日(火)~19日(水)8:30~17:30

2)関口会館3F漏水修理工事

6月11日(火)~19日(水)8:30~17:30

※3Fの北面(聖堂面)窓側の壁・床が漏水による腐食によって劣化しています。躯体に影響を及ぼす可能性があるため、教区本部との協議により修復工事を行うこととなりました。躯体に関わることなので、教区本部が費用を負担します。ただし、LDKの内装のクロスに関しては関口教会が負担する旨、運営委員会で了承済みです。 

3)東京カテドラル聖マリア大聖堂出入口上窓面防水工事

6月3日(月)~8月31日(土) 8:30~17:30

6月 南面(関口会館側) 足場工事、シーリング工事、塗装工事

7月 北面(独協グランド側) 足場工事、シーリング工事、塗装工事 

8月 西面(正面入口側) 足場工事、シーリング工事、塗装工事

5.スリランカの教会への支援とパリのノートルダム大聖堂火災の募金:大司教様より  

ご復活の主日にスリランカで起きた連続爆破テロにより甚大な被害うけた方々と教会への支援を目的に、献金のよびかけを行います。東京教区としては7月20日までに教区本部に集約し、8月15日頃までに中央協議会でとりまとめて日本の教会の支援としてスリランカ司教協議会に送金することとなりました。

また、パリのノートルダム大聖堂火災にあたり、特別な献金の指定は行いませんが募金があった場合には教区本部からフランス司教協議会へ送金いたします。

 関口教会としては、この大司教様からの呼びかけに応えて以下のように対応致します。

スリランカの支援のために7月14日(年間第15主日)までの間、ミサの時に献金箱を用意いたします。皆さんの善意のうちにスリランカで被害にあわれた方々、教会のために犠牲と祈りを捧げていきたいと願います。目に見えるかたちでの経済的な支援献金と祈りをよろしくお願い致します。

パリのノートルダム大聖堂火災にあたって、心からお祈りしつつも既に多額の献金が集まっているのを鑑みて、募金は個人的にしていただければと思います。募金されたい方は教区本部までご相談ください。

6.ミサ奉納の時の立つタイミング:主任司祭より

共同祈願が終わり奉納に入ると会衆は座りますが、立つタイミングがバラバラになっているようです。パンとブドウ酒が奉納され、供え物の祈りが終わって奉納祈願が始まるタイミングで立つようにしてください。司式司祭が奉納祈願の冒頭で「祈りましょう」と告げたタイミングから立つようにしてください。 

6月2日の予定

  • 堅信準備講座④(8時ミサ後、教理室1、2)
  • 信仰講座(三田助祭、11時30分、教理室6)
  • 入門講座(Sr.松村、10時ミサ後、集会室2)
  • マリア会(10時ミサ後、中会議室)
  • イースター反省会(10時ミサ後、小会議室)

6月9日の予定

  • 教区合同堅信式(14時30分、大聖堂)
  • 信仰講座(三田助祭、11時30分、教理室6)
  • 入門講座(Sr.松村、10時ミサ後、集会室2)
  • 教会学校(初聖体勉強➂、10時ミサ後、教理室4)
  • アデステ(10時ミサ後、小会議室) 

その他の予定

  • 初金ミサ(6月7日、10時、地下聖堂)
  • 初金の集い(6月7日、10時ミサ後、集会室1)